EFI-Tech:Note

エンジンオーバーホール作業、コンプリートエンジン制作工程、ECUセッティング、ダイノジェット製シャーシダイナモを使用してのパワーチェックなど日々の作業内容をご紹介していくブログです。

【RB26】エンジンオーバーホール_EFI テクノロジック

こんにちは。EFIテクノロジックです。

本日は、RB26エンジンオーバーホール業務を行います。

RB26のエンジンオーバーホール01

フィッティングソケットとニップルの間からオイルが漏れていました。

通常のサンドイッチブロックや移動ブロックなら作業もしやすいのですが、この車両に付いているのは純正の水冷オイルクーラーを外しそこにブロックを付けるタイプのものでした。

しかもAN12サイズと言う事もあり、確実な作業を行う為にサージタンクを外す事に。

見え難い箇所での作業はミスが出やすいので、多少時間はかかりますが急がば回れの精神で作業します。

元々ダブルレイヤーのステンホースが付いていましたが、最小曲がり半径が大きくフィッティングの根元に負担が掛かって漏れた様子なので、今回は取り回しの良いナイロンとステンのダブルレイヤーホースを使用しました。最近はこう言ったパーツも入手しやすくなり助かります。

取り回しも変更し、根元に負担が掛からないように長さを調整しホースを制作します。

アイドリング、実走でオイル漏れを確認し終了です。

 

RB26のエンジンオーバーホール02

RB26のエンジンオーバーホール03

RB26のエンジンオーバーホール04

RB26のエンジンオーバーホール05

 

 以上、EFIテクノロジックでした。