EFI-Techno × LOG

エンジンオーバーホール作業、コンプリートエンジン製作工程、ハーネス製作、ECUセッティング、ダイノジェット製シャーシダイナモを使用してのパワーチェックなど日々の作業内容をご紹介していくブログです。

GVB EJ207 精密オーバーホール作業開始 異音原因特定

配線作業と並行して新たにお預かりしたGVB、EJ207エンジンオーバーホール作業を進めました。取りあえずは分解時の様子からご紹介です。

ç»åã«å«ã¾ãã¦ããå¯è½æ§ããããã®:1人ããã¼ãã«

 

エンジンお預かり前にお車を確認した所、メタル異音がしたのでロッドメタルが怪しいとお伝えしましたが……

見事に回っていました。クランクは修正とUSメタルでいけそうな感じですが新品を買った方が安いのでクランク、コンロッドの交換となります。

f:id:efi_technologic:20190609111509p:plain

 

ロッドメタルは残り3気筒もかなり厳しい状態でした。メッキ層、オーバーレイを突き抜け軸受部まですり減っています。。。

f:id:efi_technologic:20190609111911p:plain

メタルオイルクリアランだけではなくピストンクリアランス等もロッドメタル消耗に一役買っている感じです。EGRが悪さをするのか錆ているシリンダーも2か所ありました。。シリンダー内でのピストンの動きかかなり渋いです。。

f:id:efi_technologic:20190609112230p:plain

ピストンピンボス部も変摩耗があります。

f:id:efi_technologic:20190609112508p:plain

この後ピストン、シリンダーを測り純正クリアランスを簡易確認しましたが数字が凄くて測り間違いかと何度も計測する事になりました…GVBの整備書を確認した所、計測値は適正だったのですがちょっとビックリしました。

最近のEJ207はメカニカルノイズを減らす為か各クリアランスを狭く組んであるため、そのあたりの見直し含めオーバーホール作業を進める事になります。