EFI-Tech:Note

エンジンオーバーホール作業、コンプリートエンジン制作工程、ECUセッティング、ダイノジェット製シャーシダイナモを使用してのパワーチェックなど日々の作業内容をご紹介していくブログです。

【RB28】コンプリートエンジン、セッティング開始 _EFI テクノロジック

EFI-RB28コンプリートエンジン。

セッティング開始です。

f:id:efi_technologic:20170518132705j:plain

現車デバイスはパワーFC、35エアフロ仕様…

ソフトは少々古くなった感じは有りますがエンジン仕様的には十分許容範囲内、最善を尽くします。

 

ブーストコントロールをオフにしてアクチュエーターのイニシャルブーストから初め、少しづつブースト圧を上げマップを詰めていきます。

 

今回はローブースト1k、ハイブースト1.5kの予定ですが1kでセッティングをした後1.5kでセッティングする訳ではありません。1kから始め少しずつブーストを上げ1k~1.5kまでの間、ブースト圧を変更してもベストで走行出来るセッティングを行います。意外かもしれませんが、ハイブースト~ローブースト間のセッティグを適当にしているecuは多い様に思います。

f:id:efi_technologic:20170518132535j:plain


最初はローブーストでグラフを見ながらバルブタイミングを前後させ美味しい所を探します。

画像のパワーグラフはローブースト、バルブタイミングだけ数度変更した結果です。赤ラインがカムメーカー推奨バルブタイミング、青ラインが変更後です。

 

カムメーカー的には排ガス等色々な柵の中推奨するバルブタイミングですが出力だけで見ると詰めていく余地は十分あります。

 

ほんの数度の変更ですが全域で20~30馬力乗せる事が出来ました。1日に何台もecuセッティング出来るお店も全国にはあるようですが、当社ではecuセッティングは掛けた時間=完成度だと思っています。


時間を掛けないファストセッティングと例え少ししか違わない結果だとしても、今出来る最高の物を提供するのがefitechnologicの理念です

 

以上、EFIテクノロジックでした。