読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EFI-Tech:Note

エンジンオーバーホール作業、コンプリートエンジン制作工程、ECUセッティング、ダイノジェット製シャーシダイナモを使用してのパワーチェックなど日々の作業内容をご紹介していくブログです。

【RB26】エンジンオーバーホール(段付き修正)

ポートを軽く修正しました。
段付き修正と呼ばれる加工ですね。

RB26,エンジンオーバーホール,ヘッド加工06

ポートの加工は難しく、エアフローベンチをまだ当社は完備していない現状、純正形状を壊さない程度で留めておきます。

 

削る腕が自分にあれば良いのですが、どうしても削りやすい所ばかりを拡大してしまい、ポート上面の距離が下面に比べて長く仕上がってしまいます。

 

フルチューンのドラッグカーの様な使い方ならそれでも構わないのですが、ノーマルカム、ノーマルタービンを想定すると、段付き修正がベストかなと思います。(コスト的にも)


フローベンチを導入したら色々試したい部分ではあります。

 

バルブシートは痛みも対して無かったので軽くすり合わせをして燃焼室の容量を測ります。


注射器やスポイトも使った事はありますが、どうしても誤差が大きくデータとして信用出来ませんのでビュレットを使い計測します。

 

アクリル板にグリスを塗り測るのとビュレットの0調整が難しい為、誤差は0.05~0.1cc程度かなと思います。そこそこ正確なのは良いのですが、100ccのビュレットは長さが1メータ弱あり使うのが大変です。

 

全気筒64.6~64.8ccで揃っていました。一緒にいたブロックに比べると大変優秀なヘッドです。


誤差を考えても0.5cc以内で揃っているので燃焼室はスキッシュの小加工だけで済みそうです。

 

RB26,エンジンオーバーホール,ヘッド加工01

RB26,エンジンオーバーホール,ヘッド加工02

RB26,エンジンオーバーホール,ヘッド加工03

RB26,エンジンオーバーホール,ヘッド加工04

RB26,エンジンオーバーホール,ヘッド加工05