読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EFI-Tech:Note

エンジンオーバーホール作業、コンプリートエンジン制作工程、ECUセッティング、ダイノジェット製シャーシダイナモを使用してのパワーチェックなど日々の作業内容をご紹介していくブログです。

【RB26】打ちかえ・メタル合わせの準備

RB26の強化コンロッドボルトが届いたので

打ちかえ、メタル合わせの準備をしました。

f:id:efi_technologic:20170126111643j:plain


コンロッドボルトがエンジン内で最も過酷な状況に在りしっかりとした管理が必要なのは以前書いたと思います。

その為には強度も必要ですが、きちんとした測定部位が大切です。

ほとんどの強化ロッドボルトにはゲージを当てる窪みがあり伸び管理が容易に出来る様になっています。

f:id:efi_technologic:20170126111656j:plain


当社の管理方法はまず新品のボルト長さを計り記録します。

次回のオーバーホール時に再使用可能かの判断はこの数字が基準になります。


次に必要な伸び量を確保する為の締め付け角度を計測します。

最終的にはストレッチゲージを使い締め付けるのですが、

コンロッドバイスでゲージが使えないのとメタル合わせ時何度も締め緩めを繰り返すので、測定時は角度締め付けをしたあとマイクロゲージとストレッチゲージで伸びを確認、その後大端内径測定をします。

f:id:efi_technologic:20170126111714j:plain


メタル合わせを始める頃には12本のボルトのインチとミリの測定値でA4の紙が数字だらけになってしまいます。

 

f:id:efi_technologic:20170126111725j:plain