EFI-Tech:Note

エンジンオーバーホール作業、コンプリートエンジン制作工程、ECUセッティング、ダイノジェット製シャーシダイナモを使用してのパワーチェックなど日々の作業内容をご紹介していくブログです。

【RB26】引き続きエンジンオーバーホール作業です。_EFI テクノロジック

 

分解時にもタペットクリアランスを測定します。

このクリアランスからインナーシムを選べれば楽なのですが、実際はバルブシートにカーボンなどが噛みこんでいるので、シム選びに使えるデータではありません。

現状確認程度です………

 

RB26エンジンオーバーホール_タペットクリアランス

 

エキゾーストのクリアランスが全てのバルブで広がっています。
恐らくバルブとバルブシートはカーボンで真っ黒でしょう。


外したプラグを見ると6番シリンダーに付いていたプラグが真っ白です。

 

RB26エンジンオーバーホール_プラグ


RB26には謎が多く純正タペットクリアランスもその一つですが、プラグ焼けの原因はもう一つの謎、コレクタータンクの問題かなと思います。

 

写真は純正コレクター外観と内部です。
整備性も考えられているのでしょうが、かなり謎な作りをしています。

RB26エンジンオーバーホール_コレクタータンク

RB26エンジンオーバーホール_コレクタータンク


おかしいのが6番シリンダー部分です。
5気筒のコレクターに一気筒足した様な形で他の気筒とはブランチの形、長さが違いますし、6番ブランチ部がコレクターの後端になっています。
空気の流れを考えると6番ブランチ後方にもコレクター部がないといけない様に思います。


せめてファンネル形状になっていれば良かったのですが………

ターボエンジンの吸排気も基本的には圧力差で行われていると考えていますが、6番ブランチの長さを考慮してもこの気筒だけ慣性加給効果が高くなる風に思います。


ある程度の馬力を出そうと思うとニスモなどのコレクタータンクに交換するか、気筒別にA/F制御かノックコントロールをした方が良い様に思います。

 

 

以上、EFIテクノロジックでした。