EFI-Techno × LOG

エンジンオーバーホール作業、コンプリートエンジン製作工程、ハーネス製作、ECUセッティング、ダイノジェット製シャーシダイナモを使用してのパワーチェックなど日々の作業内容をご紹介していくブログです。

EJ207 精密エンジンオーバーホール バルブスプリングセット長測定 ヘッド組み付け作業

昨日に引き続いてEJエンジンの作業となります。

f:id:efi_technologic:20190514185249p:plain



 

 

強化バルブスプリングを装着しますが、スプリングセット荷重を計測して分けていきます。バルブスプリングはバルブシート位置やバルブコッター位置でセット長が変わる為、スプリング荷重を均等な形で付けるには少し手間をかける必要があります。

まずはスプリング計測から。。。

f:id:efi_technologic:20190514190110p:plain



次にコッター高さを測ります。リテーナーとバルブに馴染むようにグリグリ回してから計測します。リテーナーに力が掛かってないので正確に測るのが難しい作業ですが何度か繰り返し測る事で精度を上げます。

ロッカーアーム車両などバルブ回りに余裕があるエンジンの場合は専用のマイクロゲージでエンジンにバルブとリテーナーを付けて測ったりもします。

f:id:efi_technologic:20190514190633p:plain

 




次にステム突き出し量を計測します。バルブを装着してシート下面からステムトップまでを測りそこからコッター位置を引くとスプリングセット寸法が出ます。

åçã®èª¬æã¯ããã¾ããã

計算が終わったら組み合わせるスプリングを選択して組み付け時間違わない様にダミーヘッド?に仮装着します

f:id:efi_technologic:20190514190944p:plain



組み付け後、ガスケット厚を決める為容積を確認します。

f:id:efi_technologic:20190514192055p:plain



ガスケット厚が決まったらブロックとのドッキング作業に移行していきます。